QUATRE(キャトル)の庭

アシュタンガヨガをしているヨギーニのQUATRE(キャトル)です。生活のヒントになるような情報を発信しています。

YouTube ショートとは? YouTube shorts の使い方や動画の投稿を解説

f:id:QUATRE:20210115075731j:plain


こんにちは、QUATRE(キャトル)です。

2020年9月に発表になったYouTubeで話題の新しいサービスのYouTube ショート。日本ではまだ正式にはスタートしていませんが、耳にすることが増えてきました。

せっかくチャンネルを開設したので、どういうものなのか調べてチャレンジしてみました。調べてみたことをまとめてみましたので、よかったらご参考くださいね!

YouTube shorts(ショート)とは

YouTube shorts(ショート)は、TikTok(ティックトック)Instagram(インスタグラム)のReels(リール)に対抗する 向き動画 の配信サービスで、動画の視聴だけでなく、編集から投稿まできるようになります。

スマホ端末での縦表示画面が導入されていて、画面を縦スワイプで次の動画が見れる仕様になっています。

スマホ端末のYouTubeアプリで、動画の編集では、様々なクリエイターツール機能が追加され、よりクリエイティブな動画制作が可能になります。

 
  • 複数のビデオクリップをつなぎ合わせるマルチセグメントカメラ機能
  • ライブラリー音源の使用
  • スピードコントロール(動画の速度調整)
  • タイマー機能(ハンズフリーでの自撮りが可能)
  • カウントダウン表示

YouTube stories(ストーリー) との違い

YouTube の類似した短編動画サービスにYouTube stories(ストーリー)があります。これは、登録者数10,000人以上のクリエイターが利用できるサービスで、モバイル デバイスに7日間短い動画を配信することができます。

一方、YouTube shorts(ショート)は、登録者数0から利用可能できるので、ストーリーのようにハードルが高くない点で注目されています。

また、ストーリーのように、期間がないため、削除されることもありません

YouTube shorts(ショート)日本版 開始はいつ?

現在、TikTokが禁止されているインド限定で、試験的にサービスの提供が開始しています。

日本版のサービスはまだ開始していません

サービスの開始予定について詳細は、まだ発表されていませんが、オフィシャルブログには、将来的にはインド以外の国へ順次導入を拡大していく予定があると発表しています。

We’ll continue to add more features and expand to more countries in the coming months as we learn from you and listen to your feedback. Here are more details on what to expect.(引用元:YouTube Official Blogより) 

YouTube shorts(ショート)の注意点

YouTube shorts では、次の点に注意が必要です。

 
広告が表示されない
YouTubeのパートナープログラム審査条件の総再生時間にカウントされない

YouTube shorts(ショート)は稼げるか

Youtubeのパートナープログラムを提携している場合、

YouTube shorts の動画は広告表示がないため、いくら再生されても収益にはなりません。

YouTube shorts(ショート)では、現段階では、広告が配信されないので、直接の収益には結びつきませんが、Googleは、将来的に収益化される可能性があると言及しています。

YouTube では、YouTube ショートの機能に関するテストや改善を引き続き進めており、将来的には YouTube ショートの収益化も行われる可能性があります。(引用元:YouTubeヘルプより)

YouTube shorts(ショート)の再生時間

YouTubeのパートナープログラムを提携していない場合、←私はココ

YouTubeのパートナープログラムの審査の資格条件のひとつに、総再生時間(直近12か月間) 4,000時間以上があります。

YouTube shorts の再生時間は、この総再生時間にカウントされません。 

f:id:QUATRE:20210112121655p:plain

(引用元:Googleヘルプより)

YouTube shorts(ショート)のメリット

Youtubeのパートナープログラムの審査に必要な資格のひとつにチャンネル登録1000人の壁があります。

YouTube shorts 経由で登録してもらったチャンネル登録者数は有効です。チャンネル登録者数を増やしたい場合には、特におすすめです。

YouTube shorts(ショート)動画の視聴方法

ショート動画を投稿または視聴すると、

スマホ端末の画面を縦スワイプしていくと

ショート動画が表示されるようになりました。

記事末に、私のショート動画を載せているので、ご興味のある方は、スマホから動画を視聴してみてくださいね。

f:id:QUATRE:20210115073249p:image

YouTube shorts(ショート)向けの動画撮影

YouTube shorts(ショート)の動画は、

 
60秒 以下
縦向き(9:16)

に、限定されています。

私は、Filmorea9で、9:16(縦画面)を選択して編集しています。

1080x1920でも設定できます。

f:id:QUATRE:20210115074758p:plain

 

スマホ端末のアプリからは、15秒以内の動画が編集できる仕様になっているようです。

パソコンからアップロードする場合は、60秒以内の動画を投稿できますが、現段階では、Google公式ホームページでは、15秒の動画作成が推奨しています。

注: ショートカメラを使用して作成できるコンテンツの長さは、15 秒までに制限されています。[ショート] セクションには最大 60 秒までの動画を表示できますが、視聴者が手軽に楽しめるように 15 秒の動画作成に取り組むことをおすすめします。(引用元:Googleヘルプより)

YouTube shorts(ショート)動画の投稿方法

モバイル端末から

YouTube shortsにアクセスできる場合は、モバイル端末から動画撮影し投稿できますが、現在のところは、インド限定で、サービスの提供が提供されています。

パソコンから

現在日本ではサービスを開始していないので、PCから投稿します。

YouTube shorts(ショート)の規格にあった動画を準備したら、通常通りアップロードします。

最後に、ショート動画と認識してもらうために、

タイトル または 概要欄に #shorts と入れます。

これから、順次サービスが拡大されていきますので、YouTubeをされている方は、ぜひ試してみてくださいね。

Orihime Channel の YouTube ショート動画

過去の動画をダイジェスト版で動画にしてみました。

スマホ端末で視聴してみてくださいね!

 

折り紙動画をはじめました。チャンネル登録頂けると励みになります!!