QUATRE(キャトル)の庭

アシュタンガヨガをしているヨギーニのQUATRE(キャトル)です。生活のヒントになるような情報を発信しています。

2019年台風19号 週末は関東直撃か?ワールドカップラグビー日本代表戦は?

大型の台風19号が発生し週末台風直撃ではと心配されています。台風による被害が心配なのはもちろんですが、週末のラグビーワールドカップ日本代表の試合を楽しみにされていた方も多いはず。そこで、2019年台風19号の情報をまとめてみました。

2019年台風19号の名前は

台風の名前は、台風委員会によって決められた140パターンの名前リストの順で付けられています。今回はフィリピンの「ハギビス(HAGIBIS)」で、すばやい、という意味です。

2019年台風19号の勢力は

台風19号は気圧が900ヘクトパスカルまで下がり、今年最大の猛烈な勢力まで発達する予測が出ています。

気象庁発表の台風19号進路予測

気象庁から、120時間先までの予報(03:50、09:50、15:50、21:50頃)と、24時間先までの予報(00:50、06:50、12:50、18:50頃)と、それぞれ1日4回発表されます。

JTWC(米軍)の台風19号進路予想(9月9日5時現在)

JTWC(Joint Typhoon Warning Center)アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センターによる予想ですが、気象庁発表とほぼ同じです。

f:id:QUATRE:20191009055551p:plain

9月9日5時

f:id:QUATRE:20191007202002p:plain

9月7日21時

(引用元:Official U.S. Navy Website

 

ECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)の台風19号進路予想

ECMWF(European Centre for Medium-Range Weather Forecasts)は、イギリスに本部をおき、中期気象予報を配信しています。

f:id:QUATRE:20191007204508p:plain

(引用元:windy.com

ラグビーワールドカップ2019日本代表の試合日程

日本代表は、ロシア、アイルランド、サモアとの試合を終え、予選プール残すところはスコットランド戦で、開催日時は、2019年10月13日 19:45 日曜日(横浜国際総合競技場)です。

台風19号のラグビーワールドカップ2019予選への影響は

12日以降の予想進路は発表されておらず、東日本へ向かう可能性が出てきています。今後の台風の動きによっては予選プール(1次リーグ)の開催が危ぶまれるところです。

万が一、予選プール(1次リーグ)中止となった場合は両チーム引き分け扱いになり、予選通過決定になります。

大会規定では1次リーグは天候などで中止が決まった場合、翌日以降の順延はなく、両チームとも引き分け扱いとなる。この場合、日本は勝ち点2を得てA組1位通過が決まるが、4連勝を目指す日本代表やファンにとっては“肩透かし”となるのは間違いない。(引用元:スポニチ

ラグビーワールドカップ2019チケットの払い戻しは

なお、準々決勝以降は2日以内に順延開催になります。中止の場合は、チケットの払い戻しになります。

4年に1度、ラグビーの世界一を決定するワールドカップ(W杯)日本大会で、台風などの非常事態で開催できないと判断された場合、1次リーグの試合は中止して引き分けとして扱うことが17日、分かった。準々決勝以降は原則として2日以内に順延して行う。

(中略)

 大会は9月20日に開幕し、20チームが参加。全国12会場で48試合を開催する。このうち1次リーグは40試合で、中止の場合はチケットの払い戻しに応じる方針。(引用元:日本経済新聞

 大きな被害がなく台風が過ぎることを祈るばかりです。

 

www.quatre-jardin.com