QUATRE(キャトル)の庭

アシュタンガヨガをしているヨギーニのQUATRE(キャトル)です。生活のヒントになるような情報を発信しています。

ピカ子さん おすすめ温泉&スキンケアのコツ⑤ 乳液編|中国地方

こんにちは、QUATRE(キャトル)です。

今回は、ピカ子さんチョイスの温泉のなかから、ピカ子さんがインスタピカ子の美肌湯紀行で紹介されている中国地方の温泉スキンケアのコツをまとめてみました。

 

過去のシリーズ記事はこちら

ピカ子さん おすすめ温泉&スキンケアのコツ①|関東

ピカ子さん おすすめ温泉&スキンケアのコツ②|関西

ピカ子さん おすすめ温泉&スキンケアのコツ③|東海

ピカ子さん おすすめ温泉&スキンケアのコツ④|九州

 

ピカ子さんがNHK ごごナマでご紹介されたスキンケアのコツ⑤も併せてご参考くださいね! 

鳥取県

岩井温泉

1300年の歴史がある因幡最古の温泉と言われています。

関金温泉

三朝温泉

世界有数のラドンの含有量の温泉です。ラドンが呼吸で体のなかに入ると、新陳代謝が盛んになって免疫力が高まるといわれています。本格的な療養温泉で、温泉医療のメッカとも言われています。

 

>>ピカ子さん推薦の冷凍クレンジング麗凍化粧品はこちら<<

岡山県

般若寺温泉

真賀温泉

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

㊗️美肌効果100点♨️♨️♨️ 真賀温泉【まがおんせん】 @岡山県真庭市 男湯、女湯もありますが別料金で楽しめる幕湯という日本一小さな混浴を有する真賀温泉館😊脱衣所も共用で5人も入れば満員状態の湯槽ですが腰上ぐらいの深さで案外窮屈な感じはありません🤗39.5℃、ph9.4のアルカリ性泉が湯底に存在する自噴ポイントに差し込まれた竹筒を通って惜しみなく湧出‼️この上ない鮮度のお湯は凄く柔らかな質感で素晴らしかったです💯 女性にはハードルが高いですが私が伺った際も背中を向けて入っておられる方が1人いらっしゃいました🎈 #onsen #ranking #hotsprings #japan #beautycare #peeling #skincare #natural #bodycare #spa #nature #♨️

ピカ子の美肌湯紀行(@pikaco_onsen)がシェアした投稿 -

湯原温泉

>>ピカ子さん推薦の冷凍クレンジング麗凍化粧品はこちら<<

島根県

美又温泉

透明無色なので普通のお湯に見えますが、クレンジング作用があると言われているアルカリ泉なので、ヌルヌルとした肌触りで美肌効果があります。

有福温泉

650年頃に見つかった古い温泉で、柿本人麻呂が妻の依羅娘子といっしょに入ったと言われています。無色透明のアルカリ泉で保湿効果が高く、美肌の湯として知られています。

湯の川温泉

千原温泉

小屋原温泉

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

美肌効果90点♨️♨️ 小屋原温泉【こやはらおんせん】 @島根県大田市 島根県は名湯の宝庫❤️ 薬師湯に続きこちらも溶存成分合計7.35g/kgで日本トップクラス‼️私的炭酸泉ランキング日本第3位💖気泡があっという間に身体中に付着、パチパチ音が聞こえるの😎浴室が4つあるのだけど奥から3つ目、つまり手間から2番目のお湯が1番炭酸が強かったです🤗湧出温度37.8℃で加温加水なしだから冬は少し寒いかも💦 #onsen #ranking #hotsprings #japan #beautycare #peeling #skincare #natural #bodycare #spa #nature #♨️

ピカ子の美肌湯紀行(@pikaco_onsen)がシェアした投稿 -

温泉津温泉

>>ピカ子さん推薦の冷凍クレンジング麗凍化粧品はこちら<<

山口県

持世寺温泉

日乃出温泉

川棚温泉

日野温泉

俵山温泉

長門温泉

湯免温泉

湯田温泉

柚木慈生温泉

>>ピカ子さん推薦の冷凍クレンジング麗凍化粧品はこちら<<

広島県

湯の山温泉

 

ピカ子さんおすすめのスキンケアのコツ⑤

ピカ子さんが、NHK ごごナマ「乾燥肌対策法、洗顔とメイク落としの方法」(2018年10月3日放送)で紹介されていた

乾燥肌対策のスキンケアのコツ

をシリーズでお伝えしています。

 

ピカ子さん おすすめ温泉&スキンケアのコツ①|関東

ピカ子さん おすすめ温泉&スキンケアのコツ②|関西

ピカ子さん おすすめ温泉&スキンケアのコツ③|東海

ピカ子さん おすすめ温泉&スキンケアのコツ④|九州

スキンケアの最後の仕上げの乳液をつけるコツをお伝えします。

乳液は、化粧水にふたをするイメージです。

化粧水がお肌に馴染んだタイミングで、乳液を指先まで手全体に広げて、肌をこすらないように垂直にのせていきます。 

乳液の量は、多すぎても少なすぎず、100円玉大くらいが適量なのだそうですよ。

化粧水が乾いたタイミングでお肌にのせるのがポイントです。

化粧水がなじむ前に乳液をつけると、乳液が薄まって、乳液のもつラップ機能が弱くなってしまうからだそうです。