QUATRE(キャトル)の庭

アシュタンガヨガをしているヨギーニのQUATRE(キャトル)です。生活のヒントになるような情報を発信しています。

マスクやアルコール消毒は新型コロナウイルス(COVID-19)対策に効果あるの?私のオススメはコレ!

こんにちは、QUATRE(キャトル)です。

 

新型コロナウイルス感染症予防で、「あれがいい」「こうしたらいい」「ワクチンがなくて治療法がない」など情報が飛び交っています。街からマスクやアルコール消毒液が消え、ネットではマスクが高騰で入手困難になっています。

私も心配になって、図書館に行って大手の新聞各紙をみたり、「週刊◯◯」系の雑誌の特集を読んでみたり、ネット情報をみたり、「それって本当に効くの?」ということから「効くかどうかわからないけど、やってみたらいいかも」ということなど、本当にたくさんで、煽られている感がすごいです。

 

マスクはCOVID-19新型コロナウイルス感染症の予防にならない!?

ドラッグストアやコンビニエンスストアで売られているサージカルマスクは、ウイルスの吸入を防ぐことを目的に作られていません。口から飛沫などを飛ばさないためのものです。

つまり、マスクはウイルスを持っている人が菌を広めないためのもの、なのです。

N95のフィルターの防塵マスクが注目されていますが、0.1マイクロメートルの新型コロナウィルスの侵入を防ぐことはできません。

ウイルスを含んだ飛沫を直接浴びないためであれば、サージカルマスクで十分です。

 

専門機関の情報として、WHO(世界保健機構)と日本政府があげている予防法を見てみましょう。

 

f:id:QUATRE:20200204082632p:plain

(引用元:首相官邸ホームページより)

 

首相官邸ホームページを読んでみると、このようなことが書いてあります。 

※マスクの効果は?  マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクをつけましょう。  一方で、予防⽤にマスクを着⽤することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着⽤することによる効果はあまり認められていません。  咳や発熱などの症状のある人に近づかない、人混みの多い場所に行かない、手指を清潔に保つといった感染予防策を優先して行いましょう。(引用元:首相官邸ホームページより)

つまり、

  • マスクは、ウイルスを人にうつさないためのもの
  • マスクには、予防効果はあまりない

ということです。 

WHO(世界保健機構)は、新型コロナウイルスの予防に有効として6項目を挙げていますが、WHOもマスクの着用を推奨していません

f:id:QUATRE:20200204071841p:plain

(引用元:WHOホームページより)

 

  1. 擦式アルコール製剤を手に擦り込む、または、石けんと水で洗い流して、手を清潔に保つ
  2. 咳やくしゃみをするときはティッシュまたはひじで口と鼻をカバーする。使用後はティッシュを速やかに捨てて手を洗う
  3. 発熱や咳をしている人には近づかない
  4. 熱、せき、呼吸困難などの症状がある場合は、早急に医療機関に連絡をとり渡航歴の情報を知らせる
  5. 新型コロナウイルスが発生した生鮮市場に行くときは、防御しないで直接動物に触れない 生の動物性食品は避ける
  6. 生肉、牛乳、動物の内臓は特に注意する。非加熱の食品と混ぜることは避ける 

結局マスクは意味ないのか?

マスクは、喉を保湿する効果があるので全く意味がないわけではありませんが、喉を保湿するだけであれば、マスクでなくてもいいはずです。

  • ネックウォーマーを使う
  • 加湿器を使う
  • 鼻呼吸でなく口呼吸をする

などで対応が可能です。

COVID-19新型コロナウイルス感染症の予防法

日本政府の予防法とWHOのあげる項目とでは、若干異なりますが、結局は、この3点かな、と思います。

予防法① ウイルスを近づけない生活習慣(除菌)
予防法② ウイルスに勝てる体調管理(免疫力)
予防法③ ウイルスに感染したら広げない

 

先日、私がまとめた記事で予防法をいくつかピックアップしましたが、全てこの3点に分類できるものばかりです。

www.quatre-jardin.com

 

こまめな手洗いを徹底する 

アルコール消毒をする 

人混みをさける 

咳エチケット・マスクの着用

部屋の換気 

免疫力をあげる

すぐに取り組めそうなことを確認してみます。

手洗いで本当に予防になるの!?|除菌

手洗いについて、約20秒〜30秒の手洗いをしましょうと書いてあるのをよく目にします。これには、きちんとした科学的根拠があります。

国立医薬品食品衛生研究所のデータによると、

ハンドソープで10秒または30秒もみ洗い後、流水で15秒すすぎをするだけで、残存率が約0.01%にまで落ちることがわかっています。

ハンドソープがない場合でも、流水で15秒洗うだけで約1%にまで落ちます。

手洗いをあなどるなかれ。まずは、手洗いです!

f:id:QUATRE:20200204103220p:plain

(引用元:国立医薬品食品衛生研究所ホームページより)

アルコール消毒は必要?|除菌

アルコールは、エンベロープと呼ばれるウイルスの膜を壊すことができるので、アルコール消毒は新型ウイルス感染症の予防効果があるとされています。

f:id:QUATRE:20200204112814p:plain

(引用元:イソジンホームページより)

アルコールを使うときに注意しなければいけないことがあります。せっかくアルコールをスプレーしても、濡れたところだとアルコール濃度が薄まるので効果がなくなります。完全に手を乾かすことが大切です!

 

でも、今はドラッグストアからもアルコール消毒液が姿を消しつつあります。

でも、でも!

手に入らなくてがっかりしている方に見てもらいたいのが、埼玉県がホームページで公開しているウェットティッシュ4種類の除菌効果の比較実験です。

結論から言うと、アルコール消毒がなくても除菌はできます

f:id:QUATRE:20200204104109p:plain 

(引用元:埼玉県ホームページより)

 

どのウエットティッシュも、1回の拭き取りでの除菌はできません

アルコールタイプは、2回の拭き取りでほぼ除菌しているので、確かに除菌効果が高いといえます。

しかし、除菌表示のないウエットティッシュや水道水を含ませたティッシュペーパーでも、回数を重ねるとほぼ除菌ができていることも分かります。

アルコール消毒剤が手に入らず不安だった方、丁寧に拭き取りで除菌しましょう!

 

私が新型コロナウイルス対策で摂っている食材は|免疫力UP

昨日の国会中継で加藤大臣の答弁を聞いていたのですが、ウイルスのワクチン提供時期について、「ワクチン自体がまだできていないので、いつ提供できるか時期は言えない」との答弁でした。

それを聞きながら、「ワクチンができないと怖いの?」と、ふと思いました。 

新型コロナウイルスの予防は、インフルエンザの予防対策と同じでよいということなら、そんなに怖がる必要はないのでは?

私は毎年インフルエンザの予防接種を受けていませんが、人生でインフルエンザにかかったのは1回だけ。でも、毎年インフルエンザの恐怖に怯えながら過ごすということはありません。

そういえば、子供のころ風邪をひくたびに、総合病院で看護師長をしていた母から、こう言って怒られたものです。

「好き嫌いしないでちゃんと食べなさい!風邪の菌を持っているひとがたくさんいるなかでお母さん毎日働いているけど風邪ひいてないでしょ!」

そこで問われるのが、免疫力だったり体の抵抗力というわけですね。

特定のウイルスが体内に入って発熱などが起こるのは、ウイルスを攻撃しようとするためだ。北海道大の喜田宏特別招聘教授は「発病するのはウイルスが増えた時で、体に抵抗力があれば増殖を抑えられる。感染しても症状が出ない人はたくさんいる」と説明する。(引用元:読売新聞オンラインより)

「◯◯がインフルに効く」「◯◯を食べると免疫力が上がる」など、健康情報の選び方が正直難しいところです。

高額なサプリメントやドリンクもありますが、効果をすぐに知ることもできないので躊躇してしまいます。

それよりも、免疫力を上げると言われている食材もたくさんあります。普段食べる食材を置き換えるだけなら、大して負担にならないので、この部分をリサーチして体を整えることがいいのかなと思います。

そこでいま注目しているのがネギです。風邪といえばネギというのは古典的な民間療法ですが、ネギです。

SARS(サーズ)患者を出さなかった奇跡の村

数年前、母が「風邪予防にネギを食べなさい。」としきりに言っていたことをふと思い出したのでシェアします。

「そんなことくらい知ってるよー」と、言ったところ、母から返ってきた言葉は、

「SARSが流行ったときに中国で被害がなかった村があって、その村はネギの産地で、ネギの効果かもしれないと、ガッテンで言っていたよ。」

そんな母の言葉をふと思い出して、ガッテンの公式ホームページを調べてみると、載っていました。コレですね!

2003年、中国を発端に猛威をふるった新型肺炎『SARS』、その被害をほとんど受けなかった町があります。中国有数のネギの産地・山東省章丘、人口100万ほどの地方都市です。街の人たちはみなさん“ネギを生かじり”していました。(引用元:ガッテン!公式ホームページより)

 

ネギを切ったときに出るアリシンという香り成分に、血流アップの効果があって、抵抗力が高まるようです。

丸かじりしてアリシンを体に取りんだ結果、抵抗力が高まって、SARS撃退につながった可能性があると指摘されています。

アリシンを摂る際に大切なことは、生で食べること、と、たくさん刻むこと、だそうです。

 

けんちん汁にはたっぷりのネギをのせてみたり、

f:id:QUATRE:20200204193121j:image

回転寿しでは、芽ネギのにぎりをオーダーしたり、

f:id:QUATRE:20200204193148j:image

「ガッテン!」のホームページにいろいろなレシピが載っているのでぜひ試してみてくださいね!

www9.nhk.or.jp

生ネギ生活は天気の子陽菜ちゃんのリボベジ生活がオススメ

まさか、ネギが高騰するとは思いませんが。。。リボベジをすれば、手軽に新鮮なネギがいつでも食べらるのでおすすめです。

こちらもぜひお試しくださいね〜

www.quatre-jardin.com

COVID-19新型コロナウイルス感染症最新情報

ネット検索していると、情報がありすぎてどれが最新情報かわからなくなることがあります。

そんなときに、おすすめなのが、ジョンズ・ホプキンズ大学の研究者が作成している新型コロナウイルスの拡散情報を可視化マップ。

アメリカ疾病対策予防センター(CDC)、WHO、中国当局などの情報が更新されています。

 

gisanddata.maps.arcgis.com

このサイトでは、 最新の総患者数(Total Confirmed)、死者総数(Total Deaths)、回復患者総数(Total Recovered)が随時更新されています。

f:id:QUATRE:20200204013808p:plain

2020年2月4日現在

地図上の赤いエリアはウイルスが発生している箇所で、カーソルをあわせるとその地域の発生状況が表示されます。

例えば日本を選ぶと、下のように最新情報を確認することができます。

ぜひ、ご参考くださいね!

f:id:QUATRE:20200204014543p:plain