QUATRE(キャトル)の庭

アシュタンガヨガをしているヨギーニのQUATRE(キャトル)です。生活のヒントになるような情報を発信しています。

はなまる 天までとどけ 乳がん治療の岡江久美子さん 新型コロナウイルス感染症で逝去

岡江久美子さんが、4月23日午前5時20分、新型コロナウイルス感染による肺炎のため東京都内の病院で亡くなられました。63歳。

はなまるマーケットでいつも穏やかにお話をされていた岡江さんが大好きだったので、ショックで言葉になりません。。。

岡江久美子さんの治療経過

所属事務所の発表によると、

岡江さんは、4月3日に微熱があり、4~5日様子を見るよう言われて自宅療養をされていました。

4月6日に容体が急変、都内の大学病院に緊急入院され、ICU(集中治療室)で人工呼吸器を装着し治療を受けられていたそうです。その後のPCR検査で陽性が判明しました。

新型コロナウイルスに感染すると家族でも面会が制限されるため、夫の大和田獏さんも長女・大和田美帆さんも岡江久美子さんを看取ることができませんでした。

17日間、私と父は何も出来ませんでした。 近くに行って手を握ることも 母が好きだったミュージカルの曲や 可愛がってくれた孫の声を 聞かせることも出来ませんでした。 亡くなった連絡が来ても駆けつけられず、 家にいるしかない。 父とも一緒にいられず 母にも一度も会えず 今はどこかで遺骨になって帰ってくる母を ただ待っているだけです。 コロナウイルスは、本当に恐ろしいです。(引用元:大和田美帆オフィシャルブログより)

感染者が入院する医療機関では大幅に面会が制限され、付き添うことはできない。容体が急変して死に至ると、家族がみとることは難しい。  

先月29日に他界した志村けんさんの場合も同様で、遺族が対面できないまま荼毘(だび)に付された。現在は遺族が故人と対面できる透過性の納体袋も開発された。大和田は亡くなった後の岡江さんと対面し、顔を見ることができたという。(引用元:スポニチより)

乳がん治療と新型コロナウイルス

事務所によると、岡江さんは昨年末に初期の乳がん手術を受け、1月末から2月半ば頃まで、抗がん治療として放射線治療を受けられていて、この治療が原因で、免疫力が低下し重症化したのではないかと言われています。

新型コロナウイルスとがん

がん、糖尿病、心臓病、高血圧、などの基礎疾患のある人は、新型コロナウイルスに感染すると、重症化しやすいと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

中国の保健当局や世界保健機関(WHO)などの報告書より、致死率は次のように推定されています。

80歳以上 21.9%

循環器の持病 13.2%

糖尿病 9.2%

高血圧 8.4%

慢性呼吸器疾患 8.0%

がん 5.6%〜7.6%

持病がない場合 0.9%

中国の保健当局や世界保健機関(WHO)などがまとめた報告書によると、がん患者は一般の人に比べ約2倍感染しやすいとされ、感染が確認された人のうち亡くなった人の割合(致死率)は7・6%と推計されています。だからといって、がん患者が非常にリスクが高いというわけではない。致死率でいえば、80歳以上(21・9%)が圧倒的に高く、循環器の持病を持つ人(13・2%)や糖尿病(9・2%)、高血圧(8・4%)、慢性呼吸器疾患(8・0%)の方が高い。むやみに恐れる必要はありません。 (引用元:朝日新聞ホームページより)

中国の感染患者約4万5千人のデータでは、持病のない患者の致死率0・9%に対し、がん患者は5・6%と高かった。(引用元:中国新聞ホームページより)

がん治療と免疫力

悪性リンパ腫で治療中の笠井信輔さんもブログで治療への不安を綴っています。

がん闘病治療中のご本人とご家族の不安な気持ち、痛いほどよくわかります。

私の父が抗がん剤治療をしていたときも、

免疫力をあげるにはどうしたらいいか?

免疫力を落とさないために何ができるか?

いろいろな本を読んでみましたが無力感ばかり。

自分が菌をもちこんで父が風邪をこじらせることがないよう

気をつけることが精一杯でした。

免疫力は、私も、もちろん低下しています。 

今は入院中だから良いですが、今後のことを考えると非常に怖い。 

通院で抗がん剤治療を受けている方は、外に出るのがますます怖くなってしまったのではないでしょうか? 

心配のあまり、抗がん剤治療を先延ばしにしている人もいると思います。(引用元:笠井信輔オフィシャルブログより) 

がん治療に伴う免疫力低下については、専門家の見解が分かれています。

山野美容芸術短大客員教授の中原英臣氏(感染症学)は岡江さんが乳がんの放射線治療を受けていたことから「体力、免疫力は相当落ちていたはず」とした。 (引用元:スポニチより) 

長期にわたる抗がん剤治療は、白血球のなかのリンパ球が減り免疫力が低下する場合があります。

――抗がん剤を使っている人は感染しやすいのでは  明確な線引きは難しいですが、半年以上使っていると、免疫をつかさどる血液細胞のリンパ球が減ってくることが多く、注意が必要です。血液のがんで、骨髄移植などを受けた人も同様です。(引用元:朝日新聞ホームページより)

抗がん剤の治療を受けていると、白血球の数が減って感染に対する抵抗力が落ちている可能性がある。(引用元:中国新聞ホームページより)

一方で、放射線治療の場合は、抗がん剤と比べ免疫への影響は小さいとみられています。

しかし、岡江さんが受けた乳がん治療の場合は、肺に放射線があたり、肺がダメージを受けるリスクがあるので、その場合は肺炎が進行する恐れもあるようです。

日本乳癌学会の理事長で杏林大学の井本滋教授は「早期の乳がんで手術を受けた後、再発率を下げるために放射線治療を行うことがある。放射線治療を受けた患者で、まれに肺が部分的に炎症を起こすことや、免疫をつかさどる白血球が減少することもあるが、新型コロナウイルスによって重症化する原因になるほど、免疫力が下がるとは考えにくい。同様の治療を受ける患者さんについては感染予防を徹底する必要はあるが、過剰な不安は抱かないでほしい」と話しています。(引用元:NHKホームページより) 

広島大病院乳腺外科の角舎学行(かどや・たかゆき)講師は、治療による肺のダメージや免疫力の低下で、新型コロナウイルス感染症の症状が悪化する可能性があるという。

(中略)

放射線治療による免疫への影響は小さいとみる。一方で乳がんの放射線治療でも肺の一部に放射線が当たり、まれに肺に炎症が広がることがある。抗がん剤でも肺炎が起きる可能性がある。角舎講師は「がん治療の影響で肺にダメージがあれば、新型コロナウイルスの感染でさらに肺炎が進む恐れがある」(引用元:中国新聞ホームページより)

岡江久美子さん治療入院中の大和田美帆さんのツイッター

岡江久美子さんと大和田獏さんの長女・大和田美帆さんがツイッターで新型コロナウイルス感染症への注意を呼びかけ続けていました。

家にいるだけで感染防止になる。
それは絶対。家にいましょう。
分かっていても
働きに出なきゃいけない人がいる。
肺炎で辛い想いをしてる人
それを心配する人がいる。
みんなが苦しい時。
特に自分ではなく人のために働いてくれてる全ての人に感謝。
そして祈る。一日でも早く収束しますように。

— 大和田美帆 (@miho_ohwada) April 8, 2020 

家にいられる人は家にいられない人のためにも家にいるべき。

それにしても
日本じゃありえない車内アナウンス。
すてきです。

自分の意見を持ち、自分で発言する力がある人間に、わたしはなりたい! https://t.co/GPkWnfTaIW

— 大和田美帆 (@miho_ohwada) April 10, 2020

先週末(2020年4月19日)は、世田谷公園駒沢公園で、大勢の人がピクニックなどを楽しむ様子がTwitterに投稿されていました。

socom.yokohama

新型インフルエンザが流行していた2009年、父の放射線治療が始まって辛かったことを思い出しました。

岡江さんの病状を見ながら、大和田美帆さんが声を大にして叫びたかった必死のツイートだったと思います。

stay home

岡江さんは、衛生管理に気をつけていらっしゃったなかでの罹患でした。

岡江さんと所属事務所関係者が最後に会ったのは3月下旬。「その時は元気で、『コロナって怖いわね。気を付けなくちゃね』と言って、本人もうがい、手洗いなど気を付けていました」という。(引用元:日刊スポーツより)

治療中の患者さんや患者さんと接する人はもちろん、

どこかですれ違った人にがん治療中の患者さんがいるかもしれない。

自分は基礎疾患がないから大丈夫だろう、ではなく、

だれか知らない人に、知らないところで、

菌を広めているかもしれません。

人混みを避け、手洗いやマスクの着用を徹底するといった一般の人がやっていることを、それ以上に心がけてください。(引用元:朝日新聞ホームページより) 

角舎講師は「過剰な心配は要らないが、がんの治療中や治療後間もない人は、人混みに出るのは避けた方がいい。マスクの着用や頻繁な手洗いにいっそう気を配ってほしい」と呼び掛けている。(引用元:中国新聞ホームページより)

  • 人混みを避ける
  • マスクの着用
  • 手洗い
  • うがい

の、徹底。そして、スーパーでの買い物はまとめて買出し。

もうちょっと、stayhome頑張ろうと思います。 

岡江久美子さん追悼の言葉

所属事務所からは、岡江久美子さんの新型コロナウイルス感染は伏せられていたため、岡江久美子さんの突然の訃報に衝撃が走りました。

新型コロナウイルスに感染したことを公表していなかったことについては「コロナ感染で迷惑をおかけするお仕事がなかったということもありますが、コロナに感染したけど元気になりましたと報告するつもりでした」と声を震わせた。(引用元:日刊スポーツより)

大和田伸也さん

薬丸裕英さん|はなまるマーケット

岡江久美子さんと薬丸裕英さんは、はなまるマーケット番組収録後もプライベートでも仲良くお付き合いを続けられていたようです。

はなまるマーケットの番組の雰囲気がそのまま出ていて岡江久美子さんのやさしいお人柄が伝わってきます。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Happy birthday 岡江さん♪ #岡江久美子さん #8月23日誕生日 #誕生日プレゼント #プリザーブドフラワー #はなまるスタッフ #みんなでお祝い

薬丸裕英(@hirohide.yakumaru)がシェアした投稿 -

岡江久美子さん

新型コロナウィルスで死去

 

突然かつ衝撃のニュースに

震えが止まりませんでした。

 

信じられないし、信じたくない。

 

はなまるマーケットで

お世話になって17年半

 

芸能生活38年の中で

一番長く一緒にお仕事をさせて

いただきプライベートでも

仲良くさせていただきました。

 

今はこの事態を冷静に受け止めることができず、

心が乱れ、言葉も出てきません。

私ですらこの状態ですから、

大和田獏さんと大和田美帆さんの

お気持ちを思うと、その苦しさや悔しさ等は

本当に計り知れないものと思われ、

言葉になりません。。。(引用元:薬丸裕英Family Blogより)

片岡鶴太郎さん

f:id:QUATRE:20200423164444p:plain

(引用元:片岡鶴太郎オフィシャルブログより)

山田邦子さん

放射線治療は毎日 病院に通うので

どこでどう感染したのかは

わかりませんが、

おそらく乳がん手術は成功したから放射線治療に

進んだはずだから、

残念過ぎます。(引用元:山田邦子オフィシャルブログより)

市川海老蔵さん

岡江久美子さん、、

信じられない、

もう

コロナ早く終わってくれ、、

私の知り合いも今日コロナで旅立ったと

聞きました、、

お二人のご冥福を 謹んでお祈り申し上げます。(引用元:市川海老蔵オフィシャルブログより) 

加藤一二三さん

水島裕さん

舛添要一さん

乙武洋匡さん

星田英利(ほっしゃん)さん 

藤あや子さん

須藤理彩さん

葬儀の日取りは未定で、関係者のよると、3月29日に他界した志村けんさんの場合と同じく、荼毘(だび)に付されてからご自宅に戻られ、後日「お別れの会」が開かれる予定です。

 「他のコロナで亡くなられた方たちと同様、荼毘に付された後で自宅に戻ってくると思います」と話した。(引用元:スポニチより)

このような悲しい思いをする人がこれ以上でないように、

ひとりの力はささいかもしれませんが、

1日でも早い終息させるために、できることを続けます。

 

岡江久美子さんのご冥福を心よりお祈りいいたします。