QUATRE(キャトル)の庭

アシュタンガヨガをしているヨギーニのQUATRE(キャトル)です。生活のヒントになるような情報を発信しています。

巨人阿部慎之助選手引退 第一報は新聞配達員!?

読売ジャイアンツ巨人軍が5年ぶり37度目の優勝を決めた9月21日のわずか3日後の深夜、誰もが耳を疑うニュースが駆け巡りました。阿部慎之介選手の引退です。

いつ、どこでスクープされたのか? 

9月24日0:40にSNSに第一面の画像とともに

阿部引退ってマジか!

というがツイートが流され、ファンの間で動揺が広がりました。

阿部選手の引退の第一報をツイートしたのは、「スポーツ報知」の新聞配達員と言われています。

 

現在は、ツイートは削除されており、謝罪文が掲載されています。

確認できるアカウント主の情報は、「Spitz Mr.Children SHISHAMO B'zが好きな社会人」ということです。会社に行く前に新聞配達のアルバイトをされている方でしょうか。

各社報道は

新聞配達員のツイートに続いて、報道したのが日刊ゲンダイ。公式な報道を最初に出したのは日刊ゲンダイで、24日3時3分です。

巨人阿部慎之助捕手(40)が今季限りでの現役引退を決断したことが23日、分かった。(引用元:日刊ゲンダイ

それに続いて、読売新聞がインターネット配信したのが、24日5時0分。ちなみに、読売新聞は日刊紙1面で阿部選手の引退を報道しています。

阿部慎之介選手は引退を予告していた!?

2019年年6月1日の中日戦で史上19人目の通算400本塁打達成した阿部選手は、記者会見で次のように語っていました。 「(狙った本塁打あは)ほとんどない。ヒットの延長がホームランと思っているし、それでずっとやり続けてきた 「(今季1号ソロ本塁打に)少し安心した部分もある。球団の人たちもコソコソ準備していたのが見えたので、やっと解禁になるなと」 今後については、「もちろんキャッチャーの練習もしながら、“引退試合”に向けて」と語っていました。

阿部選手の名言集

阿部慎之介選手は、これまで数々の名言を残してきました。

阿部慎之介 第1号

「いつかは打てるとは思っていたけど、やっぱり1本打ててホッとしたかな」(2001年4月13日横浜戦)

阿部慎之介 第5号

「それまでの野球人生でも満塁ホームランなんてなかったからよく覚えている」(2001年8月1日中日戦)

阿部慎之介 第23号

延長10回でプロ初のサヨナラ弾 「最高でーす!!」(2002年8月11日広島戦)

阿部慎之介 第400号

「最高で~す! 本当にありがとうございます。なかなか打てるものではないと思っていた。監督がいいところで使ってくれるので、そう思って準備をしている。(監督は)僕と同じくらいホッとしているのではないか。何より連敗が止まって良かった。いつも代打の時、大きな声援ありがとうございます。これが励みで、まだまだ頑張ろうと思える」

 

選手としてどのような言葉が最後に語られるのか、阿部慎之介から目が離せません。

 

阿部選手、お疲れさまでした。